Entry

社員を知る:当社で活躍する社員をご紹介します。それぞれの社員の思いをご覧頂き、当社に対するイメージを深めて頂ければと思います。

  • 2006年入社
  • パン・菓子メーカーへの
    提案営業

なぜこの会社で働こうと思ったのですか?
食が好き、ということがベースにあります。大学では畜産加工品についての研究をしていました。そこで食品系の会社を中心に企業訪問を重ね、その中で当社の業務に興味を持ったということが一番の理由です。当社は食品メーカーの中でもBtoBという黒子的な役回りで、いろいろな会社とお付き合いができます。しかも営業職でも、開発的な仕事にも携われるところが最大の魅力でした。当時は開発志望で他社も考えていたのですが、説明会や先輩方のお話を聞いていくうちに、当社が食品メーカー各社のさまざまな商品に使われる食品素材を開発提案していること、また提案営業として新商品や特注品の開発に貢献する役割の大きさを知り、「この会社で営業をやりたい」と強く希望するようになりました。
この会社はどんな社風ですか?
自由に意見が言い合えて要望も伝えやすい環境だと感じています。営業職に関しては、やりたいことを自由にやらせてもらえる風土があります。客先での商談の中で、ふと「こんなものがあるといいよね」と商品開発の方から“発酵種”の話題が出た時も、ただの話題で終わらせず結果的に商品化が実現できました。当社には「やってみよう」という、自分たちが考え動ける自由な社風があり、開発の人たちの協力も得て試作を繰り返し商品化に至りました。実はその商品は、お客様の会社を代表する商品となり、全国のスーパーやコンビニの棚に並んでいます。営業マンはそれぞれ担当しているエリアが違いますが、情報共有・情報交換を兼ねた飲み会を設定して定期的に顔を合わせています。毎月の販売会議には本社や開発メンバーも出席するので、社内連携がうまくとれていることも当社の強みです。
仕事にやりがいを感じることは何ですか?
また、この会社で何を実現したいですか?
当社の強みは魅力的な社員たちの人間力と、研究を重ねてつくり上げた素晴らしい商品力だということを、入社以来、日々実感しています。自分が所属しているパン資材事業部は、特に発酵種の分野に関してはどこにも負けていないという思いを持っています。それが基本にあるため、自分の携わる仕事でお客様に喜んでいただけるという達成感があり、やりがいやモチベーションにもつながっています。取引先企業も積極的にグローバル展開されるところが増えていますので、当社でも本格的に海外市場を視野に入れる時期だと感じています。まだまだ整備していくところはあると思いますが、グローバル市場でもオンリーワンのポジションを確立できると思っています。
仕事をする上で大事にしていることは何ですか?
仕事を頑張るには、プライベートも充実させていないと息切れしてしまいます。自分も頑張り過ぎて失敗した経験があるので、意識して生活にメリハリをつけています。休みの日には好きなゴルフを会社の仲間たちと楽しむこともありますし、子供と料理をつくったり、お菓子を焼いたりすることもあります。無駄に女子力が高いのは仕事の影響です。ただ、分量の加減がわからずに大量に作ってしまうこともあり、家族には迷惑をかけています(笑)。営業マンとしては敢えて「八方美人」でありたいと思っています。担当させて頂いたお客様全員から、気軽に声を掛けていただける存在、いつも愛想良く対応してくれる営業マンでありたいからです。
目標とする先輩や上司はどんな人ですか?
引っ張ってくれるところは引っ張り、任せてくれるところは任せてくれる先輩や上司を目標としていますし、自分もそうなりたいと思っています。将来こういう人になりたい、と思い描くような生き方・働き方をされている先輩も社内にいます。社内には、それぞれの魅力を持つ先輩や上司がたくさんいますので、多くの場面で刺激を受け学ばせてもらっています。自分の理想像を1つ挙げるなら、決断力があり後輩の手本となれる先輩になっていきたいです。良い先輩に恵まれ、良い出会いに恵まれて現在の自分があるので、後輩たちにもそういう場を用意してあげたいですし、のびのびと動きまわって素晴らしい経験を重ねていってほしいと思っています。

このページのトップへ