Entry

社員を知る:当社で活躍する社員をご紹介します。それぞれの社員の思いをご覧頂き、当社に対するイメージを深めて頂ければと思います。

  • 2012年入社
  • パン・菓子メーカーへの
    提案営業

なぜこの会社で働こうと思ったのですか?
大学時代に飲食店でアルバイトをしていたこともあり、就職活動の際に食品業界を候補として考え始め、当社を知りました。もともと食に興味はあったのですが、食品業界には、最終商品を販売するメーカーから原料メーカーまで多様な企業があります。そのなかから、自分が興味を持って仕事ができそうだと感じたため、当社に決めました。就職活動中に企業訪問した大手食品メーカーや大手調味料メーカーの名が当社の主要取引先として列挙されていたのを見て、「原料メーカーであるこの会社なら、たくさんのメーカーやお客様と一緒になって市場に出る商品をつくっていける。これは面白そう」と考えました。しかし、人見知りで自分から出ていくタイプではなかった自分に営業職が務まるのか、という不安はありました。
この会社はどんな社風ですか?
社員みんながフレンドリーでコミュニケーションをとりやすく、若手社員も自主性を持って動きやすい雰囲気があります。当社製品で自分がよく知らない分野についても、質問をすれば細かく教えてくれる先輩や、商品手配で困っている時に相談できる物流に強い先輩もいます。新入社員当時は研修でしっかり学べて安心しましたし、その後もフォローアップ研修で営業手法を学ぶ機会や、各種研修や講習会など、社員教育制度が手厚く整えられています。そのような場では営業部以外の違う部署の人たちと話す機会があるので、商談の際に糸口となるような話題を見つけたり、違った視点からの意見が得られ、新たな気付きがあったりもします。違う部署にいる同期と商材の問い合わせで連絡を取り合うこともあり、部署連携での共同提案も考えているところです。
仕事にやりがいを感じることは何ですか?
また、この会社で何を実現したいですか?
やりがいを感じるのは、月並みですがお客様から「ありがとう」と言われた時です。時間をかけて一緒につくり上げた商品がヒットしたときの「ありがとう」は格別のものがあります。この仕事の醍醐味は、まだ市場にはないものをお客様とタッグを組んでつくり上げ、その商品が市場で育って行くのを見守ること。スーパーやコンビニで販売している袋パンは非常に競争が激しくて、新商品も1、2か月で棚から消えてしまいます。その中で生き残り数年売れ続けている商品となると、ほんの一握りしかありません。そういう定番化されるような商品を、お客様と一緒につくり上げていきたい、という思いが一番にあります。パン資材事業部としては、まだ攻めきれていない業界もありますので、今後積極的に営業をかけて売り上げに貢献していきたいと思っています。
仕事をする上で大事にしていることは何ですか?
お客様第一は基本。受けた依頼はすぐに返すようにしています。営業は人間関係で成り立つことが多いので、担当の方の誕生日を調べてちょっとした贈り物を持って行くなど、仕事以外の部分でも喜んでもらえることはないか、常に考えて行動しています。小さなことですが、商談の記録を残しており、次にお会いした時に前回の話題を出しています。些細な会話から、お客様が何を感じ、何を求めているのかを敏感に察知できたり、発見できたりします。その精度が上がれば、成果につながるご提案ができると考えているため、お客様が求めているものは味なのか、原価なのか、味の中でも品質なのか、風味を変えたいのか、などニーズをうまく引き出し、求められているところへ近付けるよう、開発とも連携しながら日々の業務に取り組んでいます。
目標とする先輩や上司はどんな人ですか?
最初に配属された九州の支店では、多くの先輩からさまざまな営業スタイルを学ばせていただきました。その中でも、相手の懐に入ることが得意な先輩の営業スタイルは参考にさせてもらっています。まず自分から話をして相手との距離を縮めながら、共通の話題を見つけて仲良くなっていくのです。そうして良い関係性が築けると、貴重なご意見を頂いたり他では知り得ないような新情報が得られたりして、次の仕事につながることもあるため、自分なりに模索しながらやっています。九州時代もフランクな先輩が多く、いい意味で上下関係をあまり感じさせない明るい雰囲気がありました。東京の支社でも、若手社員が相談しやすく意見を言いやすい風土があるので、その伝統を引き継いで後輩に慕われる先輩になっていきたいと思っています。

このページのトップへ