Entry

社員を知る:当社で活躍する社員をご紹介します。それぞれの社員の思いをご覧頂き、当社に対するイメージを深めて頂ければと思います。

日々成長できるよう頑張っています

  • 2013年入社
  • 製菓・製パン資材の研究・開発

入社から現在までの仕事内容について教えて下さい。
最初の2ヶ月は新入社員研修で、本社、食品開発研究所、品質保証部、製造部、営業部の研修を受けました。各部署の業務内容や自社製品について学んでから、6月より現在の部署に配属されました。私が所属するパン資材グループは、製菓・製パン資材の研究、開発、販促を行うグループであるため、製パンに関する知識・技能の習得が必須となっています。そのため、配属当初から基本的な製パン技能や製パン方法、材料に関する知識の習得に取り組みながら、現在の研究テーマを進めています。現在取り組んでいる研究についてはここでは書くことはできませんが、製パン素材の開発であり、実際にパンを作って試験をし、基礎的な知見を収集しているところです。また研究と並行して、営業を支援する販促業務にも取り組んでいます。
会社や職場の雰囲気について教えて下さい。
入社前に思っていたよりも、他部署と協力して仕事をするということが多くあるため、部署を超えて仲がよく、協力しあう体制ができていると思います。食品開発研究所では、業務内容やアイディアについて発表する機会が多く設けられており、他のグループで今何をやっているか、どのような考えで進めているのかを聞くことができる機会が非常に多いです。また、仕事以外のところでは、社内の行事が多く、花見、卓球大会などで他部署の方と関わる機会も多くあります。
これまでの社会人経験の中で印象に残ったエピソードがあれば教えて下さい。
初めて当社のお客様のところに営業担当と一緒に出向き、研究成果を報告したことです。お客様に説明するにあたって、その会社の商品を試食して他社の商品との比較を行い、また今までに取り組んできた研究結果を整理するなどこのテーマに関して様々な角度から考察をし、意見交換したい内容の準備もしっかり整えました。また、研究成果をわかりやすく報告するために、実験データや今後の課題などをまとめた資料を作り訪問しました。訪問では、ニーズに関する話や今後取り組んでいきたいことなど、当社製品を使ってくださっているお客様の話を実際に聞くことができ、今後の研究を進めていくためのヒントを得るよい経験になりました。研究内容についてお客様と話をするということは、とても新鮮な経験でした。この経験から、市場調査をしたりお客様と話をしたりしながら、よりニーズに合った、よりお客様を意識した製品開発を進めていきたいと思うようになりました。
仕事以外で取り組んでいることやオフの日の過ごし方について教えて下さい。
毎週1回、終業後に会社の部活動でバドミントンをやっています。7月には大会にも参加しました。少しずつ、用具も揃えていて、今はまっていることの一つです。これまでは、他県に住んでいたので、休日は茨城県の観光地をめぐったりしています。また、旅行が好きで、連休があるたびに、全国各地に旅行したりします。実家に帰り、家族と過ごすことも多いです。
就職活動にがんばっている学生の皆さんへメッセージをお願い致します。
私自身は、就職活動中、食品メーカーを中心に約30社を回りました。多くの会社の説明を聞く中で、自分が何をやっていきたいのか、どんなことに興味があるのかなどが、だんだん明確になっていきました。多くの会社で、何を目標にどんなことをやっているのかを聞くことができる機会は、就職活動中しかないと思いますので、いろいろな会社の説明を聞いて、見学して、後悔しないような就職をしてもらいたいと思います。頑張ってください。

このページのトップへ