Entry

社員を知る:当社で活躍する社員をご紹介します。それぞれの社員の思いをご覧頂き、当社に対するイメージを深めて頂ければと思います。

  • 2014年入社
  • コンビニ製品に使用する
    調味料の提案営業

なぜこの会社で働こうと思ったのですか?
私は大学時代、生活科学部に在籍して、主に食品栄養学について学んだのですが、実は入学当初は食品について少し興味がある程度でした。しかし学ぶうちに食品の面白さや奥深さを知り、就職活動をする頃には自分のなかで自然と食品関係の会社に目標が絞られていました。
一口に「食品関係」と言っても、BtoCからBtoBまでさまざまな会社があります。私が興味を持ったのは、より幅広い食品に携わることのできるBtoBの会社でした。主に食品素材を取り扱うことで世の中に流通する多くの食品に関わることができる点に惹かれ、数ある食品関係の会社のなかから当社を選びました。
この会社はどんな社風ですか?
採用面接で先輩社員の方とお話させていただいた時に、「とても風通しの良い会社」という印象を持ちました。入社後もその印象はまったく変わらず、私のような若手であっても意見が言いやすい雰囲気があり、とても仕事をしやすい環境だと感じています。社内に明るく気さくな人が多いことも、風通しの良い社風を生んでいる要因なのかもしれません。同じく「人」に関して言うと、優しい人が多い点も特徴のひとつ。先輩や上司はみな面倒見がよく、こちらが困っていればさっと手を差し伸べてくれる。そこが当社の好きなところです。
仕事にやりがいを感じることは何ですか?
また、この会社で何を実現したいですか?
私は現在、主にコンビニを担当しています。お客様に提案し製品化された商品を店舗で目にする機会も多く、仕事の成果がダイレクトに見える点に醍醐味を感じています。また、コンビニというフィールドはとりわけスピード感が求められるため、資料ひとつ作成するのもとても大変ですが、大変だからこその達成感があります。
当社ではたくさんの商品を取り扱っていますが、そのなかで私が身につけている商品知識は、コンビニに対応した一部の商品に限られています。今後は、コンビニ以外の商品についても積極的に勉強し、幅広い提案・営業活動に活かしていきたいと考えています。
仕事をする上で大事にしていることは何ですか?
求められるスピード感に応えていくためには、他部門との連携がとても重要になってきます。たとえば開発部門の担当者と打ち合わせすることも多いのですが、営業部門と開発部門では当然立場が異なります。しかし目指すゴールは同じはずですので、お客様からの要望も含めて丁寧に状況を説明することでまずは認識のギャップを埋めていく。その上でしっかりと目標を共有することを大事にしています。まだまだ自分のことで手一杯なところもありますが、今後は広い視野を持つことで他部門とのよりスムーズな連携とお客様の満足度の向上に、努めていきます。
目標とする先輩や上司はどんな人ですか?
一緒に働く先輩や上司には会社では仕事をバリバリとこなし、後輩・部下に対するアドバイスやフォローも忘れず、なおかつプライベートも充実させている人が多く、とても頼りにしています。仕事とプライベートをきちんと両立できるのは、オンとオフの切り替えが上手だからだと思います。私もオフの時にはできるだけリラックスするように心がけていますが、入社3年目の今は仕事に追われるばかり。メリハリをつけた仕事の仕方を覚え、今後入ってくる後輩にとって、今度は私がお手本になれるよう努力していきたいです。
就職活動にがんばっている学生の皆さんへメッセージをお願い致します。
自己分析は、普段はあまり気づかない自分の強みや弱みを知ることができるとても良い機会です。自分を見つめ直す時間をじっくりとることで、「こうしたい」「こうなりたい」という目標や志をもつことができます。高い志を持った人こそが目標を達成できるということを、就職活動を通じて私は学びました。
当社は食品素材を扱う会社なので、社内には食べること・飲むことが好きな人が多く、食事会や飲み会も頻繁に開催されます。同じように食品が好きな人、コミュニケーションが得意な人やチームワークを大切にする人にとって、当社は働きやすい職場だと思います

このページのトップへ