いつも、我が家の真ん中に。

商品紹介

レシピ集

よくあるご質問

いの一番 商品紹介

「うま味」って、皆さんもよく聞かれる言葉だと思いますが、じつは「発見」されたのは明治時代も終わりの頃。東京帝国大学の池田菊苗博士が、だしにこんぶを使うとなぜ料理がおいしくなるかという謎を解明し、こんぶのだしのおいしさの正体「グルタミン酸」を発見。これを「うま味」と名づけたのが最初です。その後、かつおぶしに含まれている「イノシン酸」、しいたけのうま味「グアニル酸」も、別の科学者たちによって発見されていきました。この3つのうま味成分を合わせると、相乗効果でおいしさが飛躍的に増します。つまり、うま味の「かけ算」ですね。いの一番は、「グルタミン酸」「イノシン酸」「グアニル酸」という、代表的な3つのうま味成分をひとつにした調味料です。

いの一番 商品紹介

半世紀以上愛される理由

昭和36年の発売から、半世紀以上。
いの一番はロングセラー調味料として、世代を超えて愛されてきました。
それには、確かな理由があります。

何よりおいしいこと。それが理由のいちばんです。
いの一番が、家庭の調味料として長く長~く使われてきたのは、何よりもおいしいから。あのうま味は何からできているか、ご存知でしょうか?こんぶに入っている「グルタミン酸」、かつおぶしの「イノシン酸」、しいたけの「グアニル酸」・・・この3つのうま味成分をうまくブレンドしているのです。
どんな食材、どんな料理にもよく合うから。これも大きな理由のひとつ。
和食でも洋食でも中華でも、どんなメニューにも使いやすいところも、いの一番が支持されてきたポイント。いの一番の顆粒は、無色・無臭でサッと溶けやすく、余計な色も香りもつきにくい。それに長い時間煮てもうま味が損なわれたり味が変わったりしにくいから、煮込み料理にもぴったりです。
安心で、品質が安定しているから。大事なポイントです。
「食の安全、安心」は、今の時代、すごく大事なポイント。いの一番は、さとうきびやとうもろこしなどからとれる糖蜜やデンプンを原料にしています。それに、長い間保存しても、品質が安定していて、味が変わりません。いの一番には、「賞味期限」の表示がないことをご存知ですか?つまり、それぐらい品質が安定しているというワケなんです。
「いの一番」History

昭和36年の発売から、半世紀以上。
いの一番はロングセラー調味料として、世代を超えて愛されてきました。
それには、確かな理由があります。

家庭用いの一番が発売されたのは、今から半世紀も前の昭和36年(1961年)。日本が高度成長期を迎え、当時の池田勇人首相が「所得倍増計画」を発表した頃でした。
*業務用いの一番については、昭和37年(1962年)からの発売開始。

「いの一番」History

昨日よりも今日、今日よりも明日・・・暮らしが、社会が、少しずつ豊かになっていく。いの一番は、そんな時代に、日本中のご家庭に普及していき、「わが家の味」に欠かせない必需品となっていきました。

「いの一番」History

やがて、時代とともに人々の生活は多様化していきましたが、台所に『いの一番』がある風景は変わりませんでした。親から子へ、子から孫へ、 いの一番が作る「わが家の味」は受け継がれています。

「いの一番」History

MCFS MC Food Specialties Inc.

  • お知らせ
  • 製品情報
  • 事業紹介
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ

文字サイズ

  • S
  • M
  • L
お客様専用サイト「味な話」